マイホーム購入虎の巻
何で家が欲しいのか?
理想の家の判断基準3大要素
正しい予算を決める
家の形・種類を決める
エリア(場所)を決める
物件情報の集め方
不動産業者選び
物件はなるべく多く見る
物件は気に入ったけど業者が気に入らない
価格交渉は時間との勝負!
80%気に入ったら申し込む
ご両親・親戚・知人に相談
契約
最後に
おめでとうございます!!

これで、虎の巻は終了です。
如何でしたか?

この “虎の巻” を作った一番の目的は、
「現在の業者主導の家探し」 から 「お客様主導の家探し」 へと、
世の中の流れを変えていく事にあります。

お客様が本当に自分に合った商品(家)を、
自分のペースで、「探して」、「買う」。


これが本来の姿のはずです。

しかし残念ながら現在は、
情報の無さ、知識の無さ などの弱みがある為に、
業者主導にコトが進むケースが多いようです。

ですので、私がアナタに武器を提供したいと考えました。

この “虎の巻” では、
アナタが見ることの出来ない業者側からの視点で作られています。
言ってみれば “業者泣かせ” の “虎の巻” かもしれません。

ここに書かれている方法で、
アナタが家探しから購入までを進めていくと、
営業マン(業者)に頼らず、反対にうまく利用する事が出来ます。


ですのでタイトルの通り、
”もう営業マンはいらない” の、
強気な姿勢が大事なのです。

数年前に買ったばかりの家を手放して、
“家を買い替える” なんていうお金をドブに捨てるような事は、
あってはならないのです。


もっと業者が、
顧客の立場に立って考え、
サービスを実行していれば、
数年以内の買い替えなどはなくなるはずです。

しかし、現在は買い替えが非常に多く後を絶ちません。

数年以内の買い替えなどしちゃいけません。
少なくとも、家族構成が変わるまでは。


このような失敗が起きないように、
アナタ主導で “最高の買物” を実現する!
これがこの虎の巻を作った目的です。


しかし、この目的の他に、実はもう一つあります。

それは、
“ろくなサービスもしない業者は売り上げが下がる”
ということです。

大袈裟に言えば倒産する業者も出てくるかもしれません。

しかし、考えてみてください。
これが自由経済の仕組みのはずです。

「売り上げを上げたければ顧客サービスに徹する!」
これ当たり前の話です。

私はここに重点を置く業者が増えることになれば、
不動産業界全体が活性化されていくと思っています。


私は何も、業者が憎い訳でも、
倒産させたい訳でもありません(何より同業者ですし・・)。

ただ、不動産業界や建築業界全体を、
もっと活性化させ、健全に発展させていきたいのです。
この業界が健全に発展すれば、莫大なる経済効果をうみます。


それは、日本経済の発展にも大きく貢献することになるでしょう。

ここ数年企業の倫理観の凋落ぶりは目に余るものがあり、
小さいながらも一経営者として襟を正さねばとの思いがあります。

残念ながら、日本社会全体を変える力は私にはありません。
ですが、自分の業界の為に小さな波を起こす事くらいは出来そうです。

私はこれからも努力し続けていきます。
子供たちのものである、日本の未来の為に。

末筆ではありますが、アナタに理想の家が見つかりますように。

最後までご購読頂きありがとうございました。


株式会社 ユニバーサルハウジング
代表取締役 田辺 秀昌

⇒ 虎の巻 TOPページに戻る

次の方はこちらもご覧ください。
物件が既に決まっている方物件がまだ決まっていない方物件を探して欲しい方

<関連項目>  よくある質問(FAQ)