マイホーム購入虎の巻
何で家が欲しいのか?
理想の家の判断基準3大要素
正しい予算を決める
家の形・種類を決める
エリア(場所)を決める
物件情報の集め方
不動産業者選び
物件はなるべく多く見る
物件は気に入ったけど業者が気に入らない
価格交渉は時間との勝負!
80%気に入ったら申し込む
ご両親・親戚・知人に相談
契約
最後に

いよいよ、実際に物件を見に行くわけですが、
1.物件を探している地域の土地の価格の相場や、
2.建物のバリエーションなどを把握する為に、

物件はなるべく多く見て下さい。

まずは現状を把握する!コレが大事です。

そして最終的には、”85〜90%以上気に入る物件を見つける!”
コレが目標です。


ただ、漠然と片端から見るのではなく
『今日はこれを目標に見よう』 と言う具合に目的を決めて見に行きます。
実際にはこんな感じで見に行きます。

第一回目〜
まず家の種類が複数ある場合は、
種類をとりあえず一つに絞って、予算に幅を持たせて買いたいエリアの物件を見る。

第二回目〜
買いたいエリアの買いたい価格帯の物件を絞って見る。

第三回目〜
希望価格・エリアの変更が無ければ、もう一度、第二回目と同じ条件で違う物件を見る。 気に入ったのが無ければ、新しい物件が出るまで根気よく待つ。

第四回目以降〜
新しい物件が出たらスグ見に行く。


以上の様に進めます。

具体的に言いますと・・・。

第一回目  まず予算に縛られず、買いたいエリアの物件を見る。
既に、大体の予算は決まっていても、 ひとまず予算の事を考えずに各価格帯ごとに、何件かずつ見て回りましょう。


<例えば…> 3000万円台・4000万円台・5000万円台という具合に 最終的に買うか、買わないか、買えるか、買えないかは別として、
まず現在のお家事情を知っておく事が大事です。

まず、全体を把握してから攻めるのです。
何事も最初が肝心です。


と言っても、一回(1日で数件)見れば充分です。

これは、全体の相場をつかむ為にする事で、
余計な迷いを無くす効果もあります。


『へぇー・これくらいの価格だとこういうのが買えるんだぁ』 とか
『やっぱり、ケチったらこんなもんかぁ』
という位の事が把握出来れば十分です。


もともとこの日は、買おうと思って行って無いわけですから、
結構気楽に楽しめると思います。

そして家に帰ったら、ゆっくり思い出しながら話し合ってみて下さい。
現実(相場)を分かった上で、予算の決め直しをしなくて良いか否かを。

第二回目以降、何回か見に行っているうちに、 相場も現実も大体分かって来ますので、 アナタの気に入った“ゆとり”の家が見つかります。

もし、見つからない場合は、
自分が探している家(物件)は実際に有るのか、無いのか、
それとも有ってもおかしくは無いけど、今はないだけなのか?
不動産業者に聞いてこれを見極める事です。

100%の物件はナイです!!

当たり前の話ですが、けっこう皆さん分かってない事が多いんです。

別の言い方をすると、
どの家(物件)でも、
必ず “良いところ”、“悪いところ” が有るという事です。

“良いところ” とは 〜 ・日当たりが良い ・駅から近い ・広い
“悪いところ” とは 〜 ・日当たりが悪い ・駅から遠い ・道路が狭い などなど…。

ですから、 上手に家を見るには、
必ずその家の “良いところ” “悪いところ” を、
ハッキリと見極めるのがポイントです。


ただ漠然と雰囲気だけで見ていてはダメです。
もし、アナタが “良いところ” “悪いところ” を見つけられなければ、
一緒に行ってる不動産業者に聞いてみて下さい。

『なんでこの家はこの価格なのか?』 と。

良いところも、悪いところも有ってその価格になっているハズですから、単刀直入に聞いてみて下さい。

もし、それが
答えられないような営業マンは 『知識』 という面でかなり頼りない
という事になります。
営業マンの能力測定も兼ねて必ず聞いてみて下さい。


そして自分で物件に評価点を付けてください。
「物件評価表」 はこちら(PDFファイル)。
プリントアウトしてご利用下さい。


何度も言いますが “100%の物件はナイ!” です。

ですが、 他人にとっては80%だけど、
自分にとって90%だったら良いって事になります。

アナタが大体85%〜90%満足できる家だと思ったら、
その物件はハッキリ言って “買い” ですよ。


一般的な人が80%だと思う物件は、80%の価格が付いているもんです。 という事は・・・、
アナタが90%満足出来る物件を80%の価格で買える!
って事になります。

ですから、 まずその物件の “良いところ”、“悪いところ” を見つける事が大事なんです。 その悪いところが、アナタにとって “悪いところ” でなければ良いわけです。

それと、物件を見るときは比較をしながら見て下さい。

『価格が同じなら、さっきの物件よりこっちの物件の方が良いよね』 とか
『こんなに価格が高いのに、そんなに良くないからさっきの物件の方が安くて良いよね』 と言う具合に見ていくわけです。

実はこれが一番分かりやすいのです。

何件も見て行くと、だんだん忘れていく事もあります。
ですから、物件に順位を付けながら見ていって下さい。

価格もそんなに、バラバラではないはずですから
『こっちより、そっちが良い』ってやっていけば、
わりと “カンタン” に順位はつけられます。


一緒に行っている不動産業者の話も聞きながら見ていけば、 アナタが気付かない事なども、気付いて教えてくれますから、 決して難しい事ではないです。

※虎の巻の特典に ”物件評価表” がありますので、そちらを利用すれば点数が出ますので、カンタンに順位は着けられます。

価格に対しても満足度が高く、しかも見た中では一番いい!

これを、いかに上手に見つけるかに勝負は係ってきます。
不動産はどんな物件でも、必ずその価格には意味があります。

カンタンに言うと、
『良い物件は高く、悪い物件は安く』
なっています。

逆に言うと
“掘り出しもの”、“お買い得売品” は基本的には無いんです。

という事はつまり、
アナタが何件(同じ価格帯、同じエリアで10件以上)見ても、
気に入る物件が見つけられない場合は…
“求めている物件はもっと上の価格にある!”
と言う事になります。

現実には有り得ない物件を探していては、
いつまでたっても家は買えません!


当たり前の事ですが、現実にこういう方がいらっしゃいます。
こうなってしまっては、ありえない物件を探しているわけですので 家は買えません。 では、なぜこうなってしまうのでしょうか?

それは100%の物件を探し続けているからです。

『やっぱりこの前に見た家が良かった』 と思っても、 家は車と違って同じ物は2つとありません。ですので後悔をしない為には、 アナタがが85%〜90%以上良いと思う物件は、ご自分で掴み取って下さい。

“買おうと思った時には他の人に買われていた”
という事がよくあります。

よく使う例えなのですが、
“100%のご主人も100%の奥様もいない!”
当たり前ですよね? 家も同じなんです。

モタモタしていたら、他の人にとられちゃうんです。
結婚と同じように夢と希望を持って家探しをして下さい。
85〜90%以上気に入る物件が見つかったら、
第六チェックポイント通過です。

POINT/1.希望エリアの物件を価格別に見る。
2.希望エリアの相場を把握する。
3.予算の見直しが必要か否かを判断する。       
4.各物件の良いところ、悪いところを見極める。
5.85〜90%以上気に入る物件を探す

最重要POINT/100%の物件、掘り出し物は無い!100%物件を求めてはいけない!

NEXT⇒物件は気に入ったけど業者が気に入らない

次の方はこちらもご覧ください。
物件が既に決まっている方物件がまだ決まっていない方物件を探して欲しい方

<関連項目>  よくある質問(FAQ)