何で家が欲しいのか?
理想の家の判断基準3大要素
正しい予算を決める
家の形・種類を決める
エリア(場所)を決める
物件情報の集め方
不動産業者選び
物件はなるべく多く見る
物件は気に入ったけど業者が気に入らない
価格交渉は時間との勝負!
80%気に入ったら申し込む
ご両親・親戚・知人に相談
契約
最後に
物件資料の入手の仕方で一番カンタンなのは、
弊社ユニバーサルハウジングに依頼する事です。


弊社の ”仲介手数料見積サービス” は、物件資料を入手できるだけではなく、 同時に仲介手数料が無料になるか否か、無料にならない場合には、 割引の仲介手数料の額、が同時に、しかも即日または、翌日までにはお届けできます。

ほとんどの物件はどの業者でも扱えますので、
他のサイトに掲載されている物件でも全く問題ありません。
更に、どんなご質問にもお答えしております。
仲介手数料見積サービス 他、弊社3大サービスはコチラ

弊社の営業エリア外の方は、
まずは、ホームページやチラシなどで見かけた業者や近所の業者に コンタクトを取って資料をもらって下さい。

ただ、ここで一つ注意点があります。
あなたの連絡先を教えてしまう前に、
チョッとした質問をしてみて下さい。


質問の内容は何でも良いです。
気に入った物件の事や、サービスの事、住宅ローンや、税金の事、
何でも良いです。


知りたいのは、質問の答えではなく業者の第一印象です。

そして好感のもてる業者に
「しつこくしない事を確認 した上」 で
連絡先を教えてください。

一番大事な事は、
お客様が好感のもてる業者(営業マン)と付き合う事!
この事を忘れないで下さい。

この様にして付き合う業者を絞り込んだら、
その後は物件のご提案の依頼や、物件の案内などを依頼して下さい。
そして、物件のご案内などで実際に会った時に、
好感が持てるか付き合っても良いかを確かめて下さい。

もし、気に入らなかったり、力不足を感じた場合は、
物件はそのままで業者だけ代えれば良いのです。

とりあえずで構わないので、物件資料を入手する業者が見付かったら、第五チェックポイント通過です。



POINT/1.物件資料はどの業者からでも入手できる。!扱っている物件はほとんどが共通している。2.業者とは相性も大事!気に入らない業者とは良い買い物も出来ない。

NEXT⇒物件はなるべく多く見る

次の方はこちらもご覧ください。
物件が既に決まっている方物件がまだ決まっていない方物件を探して欲しい方

<関連項目>  よくある質問(FAQ)