マイホーム購入虎の巻
何で家が欲しいのか?
理想の家の判断基準3大要素
正しい予算を決める
家の形・種類を決める
エリア(場所)を決める
物件情報の集め方
不動産業者選び
物件はなるべく多く見る
物件は気に入ったけど業者が気に入らない
価格交渉は時間との勝負!
80%気に入ったら申し込む
ご両親・親戚・知人に相談
契約
最後に
沢山の良い情報の中から一番気に入った家を探して買うのがベストです。しかも、出来るだけ新鮮な情報が欲しいです。

新鮮な情報とは…

生まれたてホヤホヤの情報
      ↓
まだ誰もしらない情報
      ↓
売れ残っている訳では無い、誰もが欲しがる良い情報かも知れない
      ↓
アナタも気に入る可能性が…。
      ↓                 
人より先に知りたい情報


となります。 
という事はつまり、スピードも大切なのです。

物件情報の集め方のポイントは、
短期間に集中して量を集めることです。

あなたにとってベストな物件を見付けるのに十分とされる期間はどれ位だと思いますか? 1年?5年?10年?

答えは3ヶ月です。

3ヶ月間集中してターゲットを探せばめぐり会えます。
反対にこれで見つからない様ですと、
何かがおかしい! という事です。


予算と物件がずれていたり、
そもそもあり得ない物を探しているとか・・・。
いずれにしても、計画の見直しが必要という事です。


では、肝心な情報の集め方ですが、
ベストなのはインターネットを利用する事です。

不動産業者も、インターネットを利用するお客様が多いので、物件情報を積極的に自社サイトやポータルサイトに掲載しています。

チラシに掲載されていて、
サイトに掲載されていない物件はほとんどありません。
これはチラシとサイトの圧倒的な情報量の差があるからです。
現在は市場に出回っているほぼ全ての物件が何らかのサイトに掲載されておりますので、 家に居ながら的確かつカンタンに大量の情報収集が可能となりました。


従いまして現在、物件情報の収集は、わざわざ業者に足を運ぶ必要は全くありません。    ホームページだけで十分です。

まずは、ご希望のマイホームに近い物件が存在するか、しないかを確かめて下さい。

下記リンク先は弊社のホームページですが、 不動産物件の情報がたくさん掲載されている、ポータルサイトを数箇所リンクしてありますので参考までにご覧下さい。
ユニバーサルハウジング ⇒ https://www.chu-kai.jp/

この他にもたくさんありますが、 この様な情報サイトを利用してまずは情報収集をして下さい。
次に、大手不動産業者さんのサイトを見て下さい。

最後に弊社ユニバーサルハウジングのサイトを見て下さい。

そして弊社の”週刊物件速報”に登録しておいて下さい。
週に一度ご希望の条件に合う、新しい物件情報をお送りしています。
週刊物件速報 ⇒ https://www.chu-kai.jp/guide/index.html

この様にして、ヤフー不動産などのポータルサイトと、 弊社の ”週刊物件速報” などの両者を利用して物件情報を収集していきます。

この両者を利用すれば物件情報の漏れはなくなります。
しかもスピードは抜群です。


この様にして目ぼしい物件が見付かったら、今度は物件資料を入手します。 ここまでは一切業者を使わずにやってこれましたが、 物件資料は業者から入手するしかありません。

しかし、業者と言ってもいろいろありますよね?
付き合いたい業者、付き合いたくない業者。
「一度物件資料を請求したら、しつこく連絡してきて困る!」
何てお話をお客様からよく聞きます。
ですので、次回は、正しい物件資料の入手の仕方をご紹介します。

何件でも構わないので、
実際に資料を見てみたい物件が見つけられたら、
第四チェックポイント通過です。

POINT/インターネットを利用して物件情報の収集。情報収集に足は使わない!

NEXT⇒不動産業者選び

次の方はこちらもご覧ください。
物件が既に決まっている方物件がまだ決まっていない方物件を探して欲しい方

<関連項目>  よくある質問(FAQ)